インターネットの激安プロバイダーをおてがる光に変えてみたのでレビュー!!!。

4.0

はじめに

今までは、OCN光を使っていたのですが、割引期限も終了に近づいてきたし、違約金がかからない期間だったので、おてがる光っていう光コラボのプロバイダーに変更してみました。今回はおてがる光のレビューとインプレを書いてみました。

おてがる光にする前にENひかりも検討して、加入を申し込みましたが、諸事情によりキャンセルをしたので、その理由も説明してみます。

いつもは、ロードバイク関連の記事をメインに更新していましたが、珍しくインターネット関連の記事も書いてみることとしました。この記事は、ネットの口コミではなくて、管理人が実際に使用して感じたことをレビューにしているので、信頼性の高い記事になっています。

プロバイダー変更までにやったこと。

光コラボを変更することにあたって、やったことを箇条書きにしてみました。

  1. 今まで使っているプロバイダーに連絡をして、番号を取得する。
  2. 好きな光コラボのプロバイダーを見つける。
  3. 良さそうなプロバイダーに申し込む
  4. 申込後、プロバイダーのサポートから電話がかかってくるので、やり取りをして開通日を決める。
  5. 開通

新しく光回線を契約する場合は、光回線の工事が別途必要になります。

おてがる光について

参照) https://otegal.jp/

以下、おてがる光の紹介を箇条書きに書いてみます。

  • 運営会社は、株式会社エクスパートナーズ。
  • 契約期間の縛りなし
  • 料金が最安級 税込み料金: 4708円(戸建て) 3608円(マンション)
  • 新規に光回線を使うユーザーには、初月度無料のキャンペーン中。 (2022/8/30 現在)
  • 事業者変更の場合は、1年間毎月500円割引。(2022/8/30 現在)
  • 19800円の回線工事料金が実質無料

簡単に書いてしまうと、おてがる光は、光コラボの中では最安級の料金で、しかも縛りがない!。縛りがないのって良くないですか?

おてがる光のサービスについて

管理人が実際おてがる光のサービスを使ってみて感じたことを項目別に書いてみました。ちなみに管理人は、ネット回線の利用目的としては、リモートワーク、動画視聴がメインです。ネットゲームは、全くと良いほどやりませんので、このネットゲームに関しては書けません。

回線速度

数日使ってみましたが、特に遅いという程ではありませんでした。参考程度にネット速度をいくつかのサービスを使って測定したので、結果をまとめてみました。

管理人の接続方法は、Wi-Fi 5 (802.11ac)です。この接続環境で、IPV6下での速度測定です。

今回使用した回線速度を測定するサービスは、Google, Usen, nperf, Speed test, みんなのネット回線速度の4つでの速度結果は以下の通りです。

回線速度

測定したのは、一番速度が出にくいであろう週末の10pmです。遅くてもダウンロードとアップロードの速度は100Mbpsを超えていました。速いサービスだと、500Mbpsがダウンロードで出てました。通常使う限りは全く心配のない速度。

サポート

まだトラブルに遭ったりして使っていないので、ちょっと不明。サポートの方と話したのは申込みのニ度だけ。こちらは事務的な話だけ。

申込後にサポートから電話がかかってきました。対応は、悪くない。普通。サポートの方が少し忙しそうな感じはしました。

後は、おてがる光でIPV6の設定が上手くいかずにメールでの問い合わせが来ました。管理人の返信に2~3日かかってしまいましたが、返信は次の営業日に来ました。普通にレスポンスは速い。

価格

価格は、光コラボの中では最安クラス。税込みで マンションで3608円戸建てだと4708円。 戸建て住みの管理人は、これにIPV6のオプションを追加して、月額4873円。以前使っていたOCN光は税込みで5200円だったので、月に300円くらいの節約になります。

事業所変更で注意すること

事業者変更の注意事項

新規と旧のプロバイダーの料金体制が日割り計算できるか確認して下さい。これは、非常に重要!

この理由を説明します。
どちらとも日割り計算が出来ないと、上の図の8/25に新旧のプロバイダーのサービスが重複するので、この1日のために、余計な出費が増えてしまいます。戸建の場合は、5000円くらいは支払額が増えてしまいます。せっかく、節約をするためにプロバイダーを変更したのに結局節約にならなかったという残念な結果が見えてきてしまいます…。

この記事の”はじめに”に書きましたが、ENひかりとの契約を止めた理由というは、加入付きの日割り計算をしてくれないことでした。そのため、8月に新旧のプロバイダーの料金を全額支払わなくてはいけず、金銭的に受け入れ難かったからです。両方払うと1万円程度支払わないといけません。

そのため、上に書いた事業者変更の注意事項のように新旧の事業者に1ヶ月分の料金を支払わなければいけませんでした。しかも加入キャンペーンも特にしていませんでしたので、悩んだ結果キャンセルをしてしまいました。ENひかりは、事業者変更での加入はイマイチかなぁというのが管理人の感想…。

思ったこと

事業者変更(プロバイダー)変更をすることで思ったことをいくつか記載していきます。これから事業者変更をしようとする方のお役に立てるのではないでしょうか。

  1. OCNのサポートがすごく丁寧。おてがる光とかENひかりは、OCNのサポートに比べるときめ細やかさがかける。ただOCNが素晴らしすぎるのであって、ENひかりとかおてがる光は悪いという訳ではないです。
  2. 事業者変更をすることで、新しい事業者と古い事業者のサービスが一日かぶる。(“事業所変更で注意すること“を参照)
  3. キャッシュバックが渋い…。
  4. 事業者変更日に気がついたらプロバイダーが変わっていた。

3のキャッシュバックが渋いと書きましたが、新規の場合は工事費が実質無料になるし、事業者変更だったら、1年間の500円の月額割引がある。料金も少ないので悪くない選択肢ではないかと…。

最後に

この記事では、光コラボの一事業者であるおてがる光について紹介をしてきました。使い初めて、1週間が経ちましたが、特に問題もなく使えています。値段も安いので、事業者変更をして良かったかなぁと現状は思っています。

また何かありましたが、ブログの記事で紹介してみたいと思います。

コメント