[レビュー] Airbone ZT-A15のポンプヘッド。空気入れやすいぞ、これ。

先日、ブログでTopeak(トピーク)のポンプヘッドが壊れたので、AirboneのクイックポンプヘッドZT-A15に変更したことについて紹介しました。今日は実際使ってみた感想を記事にしていきます。

Airboneって、どういう会社か調べてみた。

管理人は、このAirboneって会社を知りませんでした。今回、ポンプヘッドを買って初めて知ったので、ググってみました。

Airboneは、台中市の郊外の秀水郷に本社があります。設立は1967年で元々はミシンのパーツを製造していて、いつ頃かわかりませんが、自転車用のポンプを作り始めましたようです。Airboneのサイトを見たところ、2004年頃からヨーロッパや東京などの展示会に出展しはじめたみたいなので、それより以前からポンプを開発しているようです。

AirboneのHPは、こちら

結構ネットで話題になっていたエアポンプで、何となく情報を流し読みをしていたため、Airboneのエアポンプを見た時は、あっ!、このエアポンプを作っていたのがAirboneだったんだ!と驚きました。

airbone(エアボーン) ZT-726 Co2 Combine ポケットポンプ ZT-726
ナチュラム キャンプ専門店
¥ 2,502(2022/04/16 12:33時点)

Airbone ZT-A15の使い方

まずこちらがAirbone ZT-A15です。金属製のバルブヘッド。

説明書

Airboneのポンプヘッドの写真を貼っておきます。簡単に書くと、以下の通りです。非常に簡単です。それぞれ15秒もあれば、脱着が出来ます。

  1. 空気を入れるチューブバルブに合わせて、仏式と米式を選択する。
  2. ブルーの金属部分を押し下げて、チューブのバルブに接続させる。
  3. 奥まで差し込めたら、右側に回し、ブルーの金属部を占める。
  4. 空気を入れる。
  5. 3→2でポンプヘッドを取り外す。

こちらの動画が上に書いた説明を動画化していますね。非常にわかりやすい。

Pros(良い点)とCons(悪い点)を書いてみた

購入してから、1ヶ月くらい使ったので、簡単にレビューと言うか、インプレを書いていきます。

Pros(良い点)

  • 空気入れ本体とポンプヘッドの取り付けが非常に楽。5分くらいで出来ます。
  • 取り付けがチューブのバルブと同じ方向から取り付けるので、チューブのバルブを曲げる可能性は低い。
  • 自転車のチューブを仏式と米式の両方に対応している。
  • バルブとポンプヘッドの取り付けが楽ちん。
  • デザインが良い。

Cons(悪い点)

  • ポンプヘッドで2,000円は高い…。安い空気入れが買える値段。

まだ使い始めていないので、耐久性は不明。耐久性については、引き続き確認します。

まとめ

TopeakのJoeblow Sportを10年くらい使ってきましたが、ポンプヘッドが壊れたので、新しくAirboneのポンプヘッドに交換してみました。壊れたJoeblow Sportを見て、どこが問題があるか確認してみたのですが、どうもチューブのバルブを受けるゴムが弱くなって、バルブを固定できなくなってしまったようです。新しく買ったAirboneのポンプヘッドの耐久性はまだわかりませんが、余計な出費をしたくないので、長持ちすることをいいなぁ、と思っています。

バルブヘッドの取り付け方については、こちらの記事で紹介しています。

コメント