Zwiftでお尻が痛いので、中華パワーサドルに交換をしてみました。

はじめに

こんにちは。

管理人の住んでいる神奈川県は2度目の緊急事態が発令されてしまい、外出する機会を減らす必要が出てきてしまいました。なので、外出機会を減らすため、週に数回程度はZwiftをするようになりました。Zwiftは楽しいのですが、ローラー台に乗り始めて、1時間半を過ぎると、お尻が痛くなる、尿道が圧迫され、痺れてくる問題が起きていました。
なので、対策として、Aliexpressで穴開きサドルを購入した。購入した背景と取り付けて、Zwiftをやった感想をレビューしていきます。

サドルを交換を決意したきっかけ

Zwiftを1時間半を超えた辺りから、お尻が痛み始め、一緒に尿道が圧迫されて痺れてきました。前からお尻が痛いなぁと思っていたけど、尿道が痺れてきたことをきっかけにサドルを交換することを決意。ちなみに、当時使っていたサドルは、Fizik Antres R5。使っていて問題もなかったので、5年間くらい使っていました。

ただZwiftでは、このサドルでは、硬く、また穴が開いていないので、尿道とかお尻が痛くなってしまいました。

で、Zwift用のサドルなんで、壊れても命には関わらないので、安いサドルでも良いと思い、躊躇なくAliexpressで中華サドルを購入。特に急いでいなかったので、Aliexpressを使いました。値段は、20ドルくらいです。日本円で2100円くらいです。結構、リーズナブルな値段ですね。中国→台湾→日本、という経路で届きました。

引用元: https://www.aliexpress.com/item/4001006914302.html?spm=a2g0o.store_home.0.0.12bf321bRfpU7l

アマゾンでも買えますが、1000円くらい高かった。急ぎだったら、アマゾンで購入をしても良いんじゃないでしょうか。

今回は、壊れても命の危険には、直接的に影響しないので、中華パーツを使うことをしました。

今回の最悪な故障の想定パターン。

Zwift中にサドルが壊れる。→ 最悪サドルがシートポストから外れる→管理人がZwift中に落車する。→移動していないので、大事には至らない→ 結果、問題なし

いきなり壊れなければ、何かしらの兆候がサドルが出てくるだろうから、気づくと思います。

中華パーツの購入ポリシーを下のリンクで説明しています。初めて、Aliexpressで買い物をする方の参考になればと思い、以前記事にしてみました。買っても良いものと悪いものの線引きをしています。

サドルをZwift用ロードバイクに設置

中国からだと、注文して荷物が手元に届くまでは、だいたい数週間かかります。今回は、2週間位で中国から台湾を経由して、届きました。

早速、ローラー台で使っているロードバイクにサドルを取り付けてみました。クッション性は、良くはないけど、悪くもないです。えぇ、普通です。

穴あきサドルでZwiftを何回かしてみた感想

穴開きタイプで、パワーサドルっていうタイプのサドルに交換して、Zwiftを何回かしてみました。使用目的は、SST(Short)ってワークアウトです。

この穴あきタイプのパワーサドルを使った感想は、以下の通りです。

  • 股(尿道)の痛みは少ない。
  • お尻の痛みは、あまり変わらない気がする。
  • 座る場所がわからない…。
  • サドルがたわむ。特にスプリントでもがいた時にサドルの左右がたわんで変な感じ…。

痛み

痛みは、減っている気がします。特に尿道の痺れというか、痛みは減りました。痛みは、半分くらいになった気がします。

スイートストップがわからない

次に座る場所がわからないっていう理由について説明します。
管理人はフラットでロングノーズタイプのサドル(Fizik AntaresとかArione)を愛用していて、このサドルは座る場所を前後しても違和感が出にくいです。

Zwift用のサドルFizik Antares

一方、穴あきのパワーサドルは、スイートスポットが狭い気がしています。結果、どこに座ったら良いのかがわからないです。もしスイートスポットがわからなかったら、サドル沼にハマってしまいますね…(;´∀`)。

サドルのたわみ

200ワットを超えると、サドルが左右にたわんでしまします…。管理人は、200ワットは普通に出せるので、結構不快です。初心者や女性の方は、このサドルで問題はないかもしれません。そこそこパワーのある人が使うとサドルが左右にたわんでしまって不快です。

まとめ

今回は、Zwiftでやっていると、色々な部分に痛みが出てきてしまうので、新しいサドルに交換をしてみて、レビューをしてみました。ちょっとまだどこに座ってよいか、わかっていないので、少しずつ慣れていこうと思っています。

値段を考えたら、まぁ我慢できる品質だと思いました。

コメント