Zwiftでペースメーカーとライドしてみたので、感想を書いてみるぞ。

はじめに

この記事では、Zwiftでペースメーカーと一緒に走ってみたので感想を書いてみたいと思います。

ペースメーカーって

Zwiftがペースメーカーを用意してくれています。このペースメーカーはWatopiaとMakuariを走っているみたいです。管理人はこの2つのワールドでペースメーカーを確認しました。

ペースメーカーの探し方は、ライドで走るエリアをWatopiaかMakuri Islandにすれば、出てきます。

Cycling Pace Partners
Cycling Pace Partners Pace Partners are a new innovation for Zwift. These pace-setting bots will give you someone to pace directly with from the Home Screen...

今回は、Watopiaでの選び方を説明してみます。まずは、ワールドチョイスをWatopiaにします。他のライダーと一緒にライドしますか?という項目があるので、PACE PARTNERSを選択します。

PACE PARTNERSを選択すると、4人のPace partnersがスタンバイしています。それぞれ、PWRが違います。

  • D. Diesel, PWR:1.5w/kg
  • C.Cadence, PWR:2.5w/kg
  • B. Brevet, PWR:3.3 w/kg
  • A.Anquetil, PWR:4.2kg

それぞれの脚に合わせて、4人の中から選択をすれば良いと思います。

Pace Partnersと一緒に走ってみた

今回、リカバリーライドでD.Dieselさんと一緒に走ってみることにしました。機会にして、3回くらい。率直に感想を書くと、非常に走りにくい。というのも、今回のペースパートナーのDieselさんのPWR 1.5w/kg 125Wattで走っています。集団で走行しているのでドラフトが効いていて、一度離れてしまうと非常に追いつくのが大変。特に下りでボーッとしているとあっという間に集団を率いて、遠くに行ってしまいます…。下のスクリーンショットのようにぼーっと走っていたら、Dieselさんに追い抜かれて、あっという間に先に行かれてしまいました。

Dieselさん、追いかけ中…

その反面、上り坂になると、PWR 1.5w/kgしかないので、簡単に離れてしまいます。下のスクリーンショットのように…。

Dieselさん、待ち。

ペースパートナーと一緒に走ることで、ドロップというZwift上の通貨にボーナスが付くようになります。5分一緒に走ると、係数が0.2倍ずつ増加していきます。しかしながら、ペースパートナーから15mくらい離れてしまうと、ドロップのボーナスがリセットされてしまいます。またゼロからやり直しになります。

まとめ

Pace partnersの良い点と悪い点を書いて、この記事を終わりにします。

良い点

  • 一緒に走ると、ドロップ(Zwift上の通貨)が溜まりやすくなる。
  • Pace Partner周辺は、グループライド状態になるので、Ride onも貰いやすい。モチベーションが上がる!
  • リカバリーライドをする時、一緒に走ると、ドロップも多めに貰える。

悪い点

  • PWRでカテゴリーが分けられているので、体重が違いすぎると、平地で早すぎたり、ヒルクライムコースでは遅すぎたりして、一緒に走りにくいです。

Pace Partnerの体重が自分と同じだったら、とても走りやすいでしょうね。こういう機能は作ってくれないんでしょうか?Zwiftさん。

リカバリーライドで、一人で走るのが寂しい時に一緒に走ると良さそうです。

コメント