[レビュー] スマートウォッチ Garmin foreathlete 745。4代目のスマートウォッチだけど、かなり良い出来。

はじめに

この記事では、Garmin Foreathlete 745っていうスマートウォッチのレビューというか、インプレをしてみます。ロードバイク用にGarminのサイクルコンピューター Edge 1030を使っているので、Garminのスマートウォッチにした方が便利かなぁと思って、スマートウォッチもGarminにしてしまいました。

購入してから、1か月経過したので、Garmin Foreathlete 745のレビュー記事を作成してみました。

レビュー前に管理人の簡単な自己紹介

この記事を書いている管理人ですが、ロードバイク乗りでGarminのサイコン(Edge 1030)を使っています。ロードバイクを乗り始めてから、ずーっとサイコンはGarminのサイコンを使っています。かれこれ、4台目。最初は、安物のサイクルコンピューターを買っても結局はGarminに行き着くというような言葉を耳にしたので、最初からGarminのサイクルコンピューター(Edge 510J)を使い始めて以来、Garminが好きな感じです。それ以来、Garminから浮気をしないで、6年が経過。現在に至る。

ジョギングは、全くしません。ロードバイク専門です。

Garmin foreathlete 745を買おうと思ったきっかけ

一番大きな理由としては、Garminのサイクルコンピューターを使っているのが一番大きい理由です。

運動管理用にスマートウォッチも持っていたのですが、Xiaomiのスマートウォッチのため、Garmin connectにログを共有できませんでした。それぞれのアプリでログを見る必要があり、ロードバイクのアクティビティログは、Garminのアプリ。日常生活のログは、Xiaomiのアプリで管理していました。これが小さい問題だったけど、結構面倒だったので、Garmin Foreathlete 745を買うことにしました。

Garmin Foreathlete 745を買ったことで、Garmin connectでライフログを一括で集めることが出来ました。

機能紹介

Garmin Foreathlete 745の気になる機能の紹介をしてみます。光学心拍計、GPSの精度、バッテリーの持ち、Suicaなどについて、説明しています。

光学心拍計の精度

イマイチです。Zwiftをやるときにアームバンドタイプの光学心拍計を使って、心拍数のデータをiPadとGarmin Edge 1030に送っています。で、Zwiftとか、Garmin Edge 1030の心拍数とスマートウォッチの心拍数を比較すると、合っていないんですよね。Foreathlete 745からは、だいたい低めの心拍数が出ています。

感覚的には、アームバンド式の光学心拍計よりも追従性が15秒くらい遅いです。

日常生活では、心拍数が上下する機会って、そんなに無いですが、ロードバイクに乗ると、心拍数は結構変動するので、メインの心拍計では使いたくないです。

ANT+に対応しているので、心拍数のデータをサイクルコンピューターに送信することが可能です。同様にBluetoothにも対応しているので、スマートフォンにも心拍数のデータを送ることも可能です。

もし、ロングライド中にメインの心拍計のバッテリー切れになった場合は、ForeAthelete 745をバックアップの心拍計として使えるのも便利かなぁと思います。使えるのは、この時くらい。

Wahoo Tickr FitとGarmin Foreathelete 745のトレーニング中の心拍数を比較してみました。なかなか良い結果になりました。リンクを下に貼っておきます。

GPSの精度

GPSの精度は悪くないです。先日、近所をプラプラした時に、ロードバイクのワークアウトを測定してみました。その時のGPSのログをプリントスクリーンをしてみたので、以下に貼っておきますね。

このログを貼り付けた理由としては、ロードバイクで左側通行をして、工事を避けるため、道路を渡って、歩道を通った後、また信号を渡ったログがちゃんとトレースされていたからです。あんまりGPSの精度は期待していませんでしたが、正直この精度には驚きました。

Foreathlete 745のGPSの精度は、スバラシイ!心拍計の精度はイマイチだけど…! 

バッテリーの持ち

管理人の使い方で、一日辺り15%を消費します。なので、だいたい1週間弱バッテリーが持ちます。お風呂に入る時に時計はしないので、この時に充電するようにしています。

管理人のスマートウォッチの使い方は、このスマートウォッチをスマホと接続していて、アクティビティのログはEdge 1030に取ってもらっています。

心拍計の機能は、別の心拍計に任しています。

充電方法

時計の下部が充電口

特別なケーブルを使用します。直接コネクタに接続して充電します。このコネクタは向きを気にしないで、ケーブルに接続することが出来ます。
充電器側のUSBコネクターは、一般的なType-Aです。30分で30%くらい充電してくれます。

音楽再生

外出する時は、スマートフォンを持ち歩くので、スマートフォンで音楽再生をしています。なので、この機能は使いません。極力、スマートウォッチのバッテリーを持たせたいと思っている主義なので…。ちなみにGarminの公式によると、最大で500曲まで保存できるそうです。

Suica

Suica

これは、本当に便利な機能です。Paypayを使うのにスマートフォンを出さないといけないけど、これはタッチで済むので非常に楽。ただ改札を通るときは、左手に付けていると不便。

サイコンとしての使い道

出来ないことはないですが、これだけでサイコン代わりにするのは、少し難しいです。ガチ用途には向きません。ポタリング程度だったら良いと思います。サイコンと比べると画面サイズが圧倒的に少ないので、サイコンには叶いません。なので、サイコンを別途購入した方が幸せになれると思います。なお、近所をクロスバイクでポタリングをする時は、ForeAthelete 745でログを残しても良いかなぁと思っています。心拍とGPSのログが残れば十分な場合ですね。GPSの精度は良いです。

操作性

左上:ライト 左中:アップスクロール 左下:ダウンスクロール 右上: スタート・ストップ 右下:バック

ボタンで操作するので、まだ慣れていません。スマートフォンとかタブレットとかでタッチパネルに慣れてしまい、ボタンだと、少し操作に戸惑っています。タッチパネルが欲しかったけど、まぁコストアップにつながるんだったら我慢します。直感的でないのでちょっと戸惑うかもしれないです。

ForeAthelete 745にボタンは、合計で5つ付いています。ちなみに、左側に3個。右側に2個です。役割は上の写真の記載欄をご参考下さい。

おすすめワークアウト

今日のおすすめワークアウト

これは、興味があるのですが、ちょっと不具合があって、使い切れていません。(後述)  ちゃんと正常に動いていたら、その日にベストなワークアウトを紹介してくれるのでしょう、が、色々とトラブって、現状リカバリーしろ、とか、ベースをしろ、しか、軽めのワークアウトのおすすめしか言われません…。早くもとに戻って欲しい…。

ボディーバッテリー

ボディバッテリーのグラフ

ボディーバッテリーって機能が便利です。ロールプレイングゲーム(RPG)のHPに相当するパラメーターです。運動をすると、このスコアが減っていき、休んでいると回復します。ただ寝ていても回復はしないんですよね…。管理人の場合…(TдT)

このパラメーターを見て、管理人はトレーニングの計画を立ててます。例えば、スコアが低いと、今日はトレーニングを少し抑えめにしておこう、とかしています。

不具合??

管理人のGarmin Edge 1030とForeAthelete 745を接続してからなんですが、Garmin Edge 1030で走行距離100㎞、獲得標高1000mしたとしても、運動後に表示される負荷とリカバリー時間が今までの1/10まで減ってしまいました。

ちなみに、サイコンのEdge 1030とForeAthelete 745のファームウェアのバージョンは以下の通り。

  • Edge 1030: 11.0
  • ForeAthelete 745: 3.50

で、ワークアウト後の負荷が正しく出力されず、”おすすめワークアウト”機能を使えず…。これは、Edge 1030の不具合でした。直し方は、こちらで説明しています。

Pros and Cons(メリットとデメリット)

このForeathlete 745を購入して感じた良い点と悪い点をまとめてみます。

良い点

  • Suica対応
  • 対応ワークアウトが豊富 (ロードバイク、水泳、ランニングなど)
  • フル充電すると、1週間弱バッテリーは持つ
  • 画面が大きい
  • センサーが豊富。サイコンとしても使えそう。
  • BluetoothとANT+に対応
  • GPSの精度が良い。
  • センサー類が豊富(加速度、温度、気圧高度など)

悪い点

  • タッチパネルに対応していない
  • 普通(胸に巻くタイプ)の心拍計と比べて、精度は劣る。
  • 高価…。定価が税別で44,800円…。

その他

  • ロードバイク乗りに乗って、音楽再生は不要。ランニングをするとしてもスマホを持ち歩くので、スマホかデジタルオーディオプレーヤーで音楽を聞く。
  • BODY BATTERYって機能が興味深い。
  • 光学心拍計を忘れた時に、このスマートウォッチで代用可能。ANT+でサイコンと繋がります。

Garmin公式HP → LINK

まとめ

この記事では、Garmin Foreathlete 745のレビューを書いてきました。現状は、気に入って使っています。高価ですが、受け入れられる場合ならば、選択肢としては、良いですね。

コメント